ホーム > これまでの本屋大賞 > 2011年本屋大賞結果発表&発表会レポート

2011年本屋大賞結果発表&発表会レポート

「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2011年本屋大賞」の発表会を、4月12日(火)明治記念館にて行いました。今回は一次投票には全国362書店より458人の投票が、二次投票には全国351書店より439人の投票がありました。二次投票ではノミネート作品をすべて読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票しました。
その結果、2011年本屋大賞に、『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉著(角川書店)が決まりました。順位はつぎの通りです。
発表会には、本屋大賞ノミネート作家の方をはじめ、全国からたくさんの書店員が会場に駆けつけお祝いしました。

『2011年本屋大賞』発表

第8回「2011年本屋大賞」の発表会が4月12日に行われ、 大賞作品に
『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉(小学館)が決定いたしました。

写真:2011年本屋大賞受賞作家 東川篤哉さん
2011年本屋大賞の受賞作発表
順位 表紙 書籍名/作家 得点
大賞 『謎解きはディナーのあとで』表紙 『謎解きはディナーのあとで』
著/東川篤哉(小学館)
386.5点
2位 『ふがいない僕は空を見た』表紙 『ふがいない僕は空を見た』
著/窪美澄(新潮社)
354.5点
3位 『ペンギン・ハイウェイ』表紙 『ペンギン・ハイウェイ』
著/森見登美彦(角川書店)
310点
4位 『錨を上げよ』表紙 『錨を上げよ』
著/百田尚樹(講談社)
307.5点
5位 『シューマンの指』表紙 『シューマンの指』
著/奥泉光(講談社)
270.5点
6位 『叫びと祈り』表紙 『叫びと祈り』
著/梓崎優(東京創元社)
263点
7位 『悪の教典』表紙 『悪の教典』
著/貴志祐介(文藝春秋)
259.5点
8位 『神様のカルテ2』表紙 『神様のカルテ2』
著/夏川草介(小学館)
259点
9位 『キケン』表紙 『キケン』
著/有川浩(新潮社)
241点
10位 『ストーリー・セラー』表紙 『ストーリー・セラー』
著/有川浩(新潮社)
202点

投票の得点換算は、1位=3点、2位=2点、3位=1.5点 (2011年実施)

2011年本屋大賞発表会レポート

写真:司会

いよいよ開会

今年の司会は、三省堂書店営業本部の内田剛とbookexpress エキュート品川サウス店の長谷川仁美が勤めます。

「まずは開会に先立ちまして、この度の東日本における大震災により被災さ
れた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます」

過去の大賞受賞作家の皆さんから被災地の書店員さん向けに励ましのお言葉をいただきましたのでご紹介いたします。

過去の本屋大賞受賞作家の皆さんより書店さんへ応援メッセージ

写真:ご挨拶、浜本茂

ご挨拶

本屋大賞実行委員会代表 浜本茂が登壇。
「本屋大賞を予定どおり開催していいものか悩みましたが、被災地の書店の方からもたくさんの投票をいただいており、これをきちんとした形で発表するのが我々の使命と考え、例年どおり開催することにしました。」

「被災して本が届かない仙台市の書店で、客から譲り受けた1冊の『週刊少年ジャンプ』を100人以上の子どもたちが回し読みしたというニュースを目にして本のチカラを強く感じました。」

写真:中2賞の発表

特別企画「中2男子に読ませたい!中2賞」の発表

写真:2011年本屋大賞大賞作のディスプレイ

「中2賞」の発表は、芳林堂書店津田沼店の飯田和之から発表。
多感な時期でありながら本から遠ざかっている中学2年生男子に、発行日やジャンルを問わず薦めたい本を選ぶ「中2賞」には、山田玲司さんの『非属の才能』(光文社新書)と、北尾トロさんの『キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるかデラックス』(朝日文庫)が選ばれました。

会場には作家の北尾トロさんと「中2賞」選考にご協力いただいた本当の中学2年男子、東くん、小山くん、矢野くんにもご来場いただきました。

写真:大賞作品の発表

いよいよ本屋大賞の発表!

写真:大賞作品の発表

大賞作品の発表は、有隣堂販売促進室 磯野真一郎から。
ノミネート本10冊の中から2011年本屋大賞を受賞したのは、、、
「『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉さんです!」
オレンジのベールがフワリ!
お嬢さまと執事の絵が印象的な『謎解きはディナーのあとで』と書店員手作りのPOPディスプレイが現れました。被災地の書店員が、参加できない代わりにと送ってくださったPOPもあります。

写真:大賞作家 東川篤哉さんにトロフィー授与

トロフィー授与

東川篤哉さんが登場。大賞受賞として本屋大賞ロゴマーク入りクリスタルトロフィーを贈呈しました。

写真:書店員が副賞図書カードを授与

副賞の授与

写真:図書カード10万円分

副賞として図書カード10万円分(日本図書普及株式会社さまご提供)が、東川さんの地元、愛知県から参加の書店員、久田かおりさん(精文館書店中島新町店)より手渡されました。

写真:副賞としてユーキャン特別賞を授与

ユーキャン特別賞の授与

写真:ユーキャン特別賞授与

特別賞として生涯学習のユーキャンさまより「新・速読講座」中島みゆき「夜会」DVD全8巻が送られました。

写真:前大賞作家、冲方丁さんより花束贈呈

冲方丁さんよりお祝いの言葉

写真:冲方丁さん

東日本大震災を福島にて被災された、2010年大賞受賞の冲方丁さんがお祝いに駆けつけてくださいました。
「被災地におられる皆さんに何をおすすめするかというと書店にある全部だと言えます。自衛隊員にも赤十字社にもできない心のライフラインを届けるのは書店であると思います。

去年受賞して、丸1年忘れられず、本屋大賞とともにいました。本を愛している方々がいて、本を届けようとしている人がいるということを感じ、本屋大賞に感動しました。」

写真:東川篤哉さんのご挨拶

東川篤哉さんのご挨拶

写真:発表会オリジナルCM動画

2002年にデビューしたあたりは、ユーモアミステリーどころか本格ミステリーも冬の時代でした。今回『謎解きはディナーのあとで』を全国の書店員のみなさんが非常に好意的に販売してくださったおかげで思いもよらぬ大ヒットになり、それによってユーモアミステリーの注目度も多少あがったのではないかと自負しています。そういう意味で『謎解きはディナーのあとで』というユーモアミステリーであり本格ミステリーで受賞できたことは何よりのことだと思っております。小学館の編集のみなさま、デビューから仕事をさせてくださった出版社のみなさま、表紙を書いてくださった中村裕介さん、さまざまな方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

会場では本屋大賞受賞を祝う、令状デカと毒舌執事のお祝いのコメントが上映されました。

書店員のみなさんと記念撮影

地震や停電などそれぞれのお店が大変な中、たくさんの書店員さんがお祝いに駆けつけました。
手作りの『謎解きはディナーのあとで』のPOPを持ち舞台の上へあがると後ろまでいっぱい!
大賞作家の東川さんを囲み、POPを掲げてにっこり。

写真:大賞作家、東川篤哉さんと応援POPを手にした書店員との記念撮影
写真:歓談風景

楽しい時間

写真:プロジェクターでtwitterも上映

会場では大賞受賞作家の東川篤哉さんはじめ、出席されたノミネート作家の漥美澄さん、中2賞作家の北尾トロさん、前回の本屋大賞作家の冲方丁さんを囲んで、書店員や出版関係者の人の輪が広がります。

写真:閉会のご挨拶

閉会のご挨拶

【ジュンク堂書店池袋本店 田口久美子さん】
「長くやっていればいい事があると思います。この間のサッカーの三浦カズの様にベテランでも素晴らしい仕事をしますが、書店界の長友や長谷部の様な若い人が、これからますます活躍する事を期待します!」