手帳ブランドNOLTY・PAGEM

本屋大賞

What's New

「2019年本屋大賞」結果発表!

「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2019年本屋大賞」の発表会を、4月9日(火)明治記念館にて行いました。

一次投票には全国の493書店より書店員623人、二次投票では308書店、書店員371人もの投票がありました。二次投票ではノミネート作品をすべて読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票しました。

その結果、2019年本屋大賞に「そして、バトンは渡された」瀬尾まいこ(文藝春秋)が決まりました。

 

『そして、バトンは渡された』
瀬尾まいこ(文藝春秋)に決定!


すべての順位はつぎの通りです。

2019年本屋大賞の受賞作発表
順位 表紙 書籍名/作家 得点
大賞 『そして、バトンは渡された』表紙 『そして、バトンは渡された』
瀬尾まいこ(著)
文藝春秋
435点
2位 『ひと』表紙 『ひと』
小野寺史宜(著)
祥伝社
297.5点
3位 『ベルリンは晴れているか』表紙 『ベルリンは晴れているか』
深緑野分(著)
筑摩書房
282.5点
4位 『熱帯』表紙 『熱帯』
森見登美彦(著)
文藝春秋
250.5点
5位 『ある男』表紙 『ある男』
平野啓一郎(著)
文藝春秋
242.5点
6位 『さざなみのよる』表紙 『さざなみのよる』
木皿泉(著)
河出書房新社
239.5点
7位 『愛なき世界』表紙 『愛なき世界』
三浦しをん(著)
中央公論新社
208.5点
8位 『ひとつむぎの手』表紙 『ひとつむぎの手』
知念実希人(著)
新潮社
167.5点
9位 『火のないところに煙は』表紙 『火のないところに煙は』
芦沢央(著)
新潮社
151.5点
10位 『フーガはユーガ』表紙 『フーガはユーガ』
伊坂幸太郎(著)
実業之日本社
136.5点

「翻訳小説部門」、今年1年に日本で翻訳された小説(新訳も含む)の中から「これぞ!」という本を選び投票したもの。第1位には、アンソニー・ホロヴィッツ著、山田蘭訳の『カササギ殺人事件』(東京創元社)が選ばれました。2位は同着2作品となりました。

翻訳小説部門結果発表
順位 表紙 書籍名/作家
1位 『カササギ殺人事件』表紙 『カササギ殺人事件』
アンソニー・ホロヴィッツ著
山田蘭訳
東京創元社
2位 『きげんのいいリス』表紙 『きげんのいいリス』
トーン・テレヘン著
長山さき訳
新潮社
2位 『元年春之祭』表紙 『元年春之祭』
陸秋槎著
稲村文吾訳
早川書房
2019年本屋大賞 スケジュール (実施要項詳細へ)
日程 スケジュール
2018年 12月1日(土) 一次投票、発掘部門、翻訳小説部門、投票スタート
2019年 1月6日(日) 一次投票、発掘部門、投票締め切り
1月22日(火) ノミネート作品発表
二次投票スタート
2月11日(月祝) 翻訳小説部門 投票締め切り
2月28日(木) 二次投票締め切り
4月9日(火) 大賞作品、発掘部門、翻訳小説部門の結果発表

 

 

本屋大賞