手帳ブランドNOLTY・PAGEM

Yahoo!ニュース 本屋大賞 ノンフィクション本大賞

本屋大賞

What's New

「2020年本屋大賞」結果発表!

「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2020年本屋大賞」の発表行いました。今年はコロナウィルスの感染拡大の抑止に伴い、参加者の安全と健康を最優先に考え、発表会自体を行わず、事前録画による動画配信にて発表しました。(詳細)

一次投票には全国の477書店より書店員586人、二次投票では300書店、書店員358人もの投票がありました。二次投票ではノミネート作品をすべて読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票しました。

その結果、2020年本屋大賞に『流浪の月』凪良ゆう(東京創元社)が決まりました。



『流浪の月』凪良ゆう(東京創元社)に決定!


すべての順位はつぎの通りです。

2020年本屋大賞の受賞作発表
順位 表紙 書籍名/作家 得点
大賞 『流浪の月』表紙 『流浪の月』
凪良ゆう(著)
東京創元社
432点
2位 『ライオンのおやつ』表紙 『ライオンのおやつ』
小川糸(著)
ポプラ社
380点
3位 『線は、僕を描く』表紙 『線は、僕を描く』
砥上裕將(著)
講談社
327点
4位 『ノースライト』表紙 『ノースライト』
横山秀夫(著)
新潮社
275.5点
5位 『熱源』表紙 『熱源』
川越宗一(著)
文藝春秋
214点
6位 『medium霊媒探偵城塚翡翠』表紙 『medium霊媒探偵城塚翡翠』
相沢沙呼(著)
講談社
198点
7位 『夏物語』表紙 『夏物語』
川上未映子(著)
文藝春秋
156点
8位 『ムゲンのi』表紙 『ムゲンのi』
知念実希人(著)
双葉社
147.5点
9位 『店長がバカすぎて』表紙 『店長がバカすぎて』
早見和真(著)
角川春樹事務所
105.5点
10位 『むかしむかしあるところに、死体がありました。』表紙 『むかしむかしあるところに、死体がありました。』
青柳碧人(著)
双葉社
91.5点


「翻訳小説部門」、今年1年に日本で翻訳された小説(新訳も含む)の中から「これぞ!」という本を選び投票したもの。第1位には、『ア-モンド』ソン・ウォンピョン著、矢島暁子訳、祥伝社が選ばれました。

翻訳小説部門結果発表
順位 表紙 書籍名/作家
1位 『ア-モンド』表紙 『ア-モンド』
ソン・ウォンピョン著
矢島暁子訳
祥伝社
2位 『掃除婦のための手引き書』表紙 『掃除婦のための手引き書』
ルシア・ベルリン著
岸本佐知子訳
講談社
3位 『三体』表紙 『三体』
劉慈欣著
大森望、光吉さくら、ワン・チャイ訳
早川書房


「発掘部門」、ジャンルを問わず、2018年11月30日以前に刊行された作品のなかで、時代を超えて残る本や、今読み返しても面白いと思う本をエントリー書店員が一人1冊選びました。さらにその中から、これは!と共感した1冊を実行委員会が選出し「超発掘本!」として発表しました。(詳細)

発掘部門「超発掘本!」
表紙 書籍名/作家
『無理難題が多すぎる』表紙 『無理難題が多すぎる』
土屋賢二(著)
文春文庫


2020年本屋大賞 スケジュール (実施要項詳細へ)
日程 スケジュール
2019年 12月1日(日) 一次投票、発掘部門、翻訳小説部門、投票スタート
2020年 1月5日(日) 一次投票、発掘部門、投票締め切り
1月21日(火) ノミネート作品発表
二次投票スタート
2月11日(火祝) 翻訳小説部門 投票締め切り
3月1日(日) 二次投票締め切り
4月7日(火) 大賞作品、発掘部門、翻訳小説部門の結果発表

本屋大賞発表動画

ロング版30分


ショート版3分はこちら



 

本屋大賞増刊号について

画像:本の雑誌増刊「本屋大賞2020

全国書店員が選んだいちばん!売りたい本。第17回を迎えた本屋大賞の発表号。大賞受賞作家の喜びの声から一次投票、二次投票、発掘部門に翻訳小説部門と完全網羅。読みたい本が見つかる書店員おすすめガイドブック。

本屋大賞