ホーム > これまでの本屋大賞 > 『発掘部門』投票結果 2011年本屋大賞

『発掘部門』投票結果 2011年本屋大賞

洋の東西、ジャンル、さらに刊行の新旧を問わず、書店員が「売りたい」と思った本、常日頃から思っている本を推薦。バラエティ豊かな本が集まりました。

【発掘部門とは】
ジャンルを問わず、2009年12月1日以前に刊行された作品のなかで、時代を超えて残る本や、今読み返しても面白いと思う本をエントリー書店員が一人1冊選びました。

タイトル 著者名 出版社名
小説 東のエデン 神山健治 メディアファクトリー
鬼平犯科帳 池波正太郎 文春文庫
児玉清の「あの作家に会いたい」 児玉清 PHP研究所
狂い咲き正宗 山本兼一 講談社
Love ジャン・ベルト・ヴァンニ、ローウェル・A・シフ 青山出版社
蛟堂報復録 鈴木麻純 アルファポリス
啄木鳥探偵處 伊井圭 創元推理文庫
猫楠 南方熊楠の生涯 水木しげる 角川文庫
スメル男 原田宗典 講談社文庫
さくら 西加奈子 小学館文庫
切れない糸 坂木司 創元推理文庫
吉田類の酒場放浪記 吉田類 TBSサービス
星封陣 高橋克彦 講談社文庫
走れ!ビスコ 中場利一 幻冬舎
山躁賦 古井由吉 講談社文芸文庫
ロハす事典 能町みね子 ブックマン社
あがない 中野順一 徳間文庫
創竜伝 田中芳樹 講談社文庫
FUTON 中島京子 講談社文庫
化身 宮ノ川顕 角川書店
心のなかの冷たい何か 若竹七海 創元推理文庫
お縫い子テルミー 栗田有起 集英社文庫
芋虫 江戸川乱歩、丸尾末広 BEAMCOMIX
鳥かごの詩 北重人 小学館
さがしもの 角田光代 新潮文庫
天使の歩廊 中村弦 新潮社
さらば雑司ヶ谷 樋口毅宏 新潮社
昨日のように遠い日 柴田元幸編 文藝春秋
コミック 文体練習 マット・マドン 国書刊行会
第七官界彷徨 尾崎翠 河出文庫
17歳のための世界と日本の見方 松岡正剛 春秋社
算法少女 遠藤寛子 ちくま学芸文庫
がんがん焼肉もりもりホルモン 今柊二 ちくま文庫
森に眠る魚 角田光代 双葉社
あのこ 今江祥智、宇野亜喜良 理論社
「社会を変える」を仕事にする 駒崎弘樹 英治出版
ラス・マンチャス通信 平山瑞穂 角川文庫
床屋さんへちょっと 山本幸久 集英社
神は沈黙せず 山本弘 角川文庫
賢者はベンチで思索する 近藤史恵 文春文庫
夜は一緒に散歩しよ 黒史郎 MF文庫
佐藤泰志作品集 佐藤泰志 クレイン
ラピスラズリ 山尾悠子 国書刊行会
さよならの次にくる〈新学期編〉 似鳥鶏 創元推理文庫
少女パレアナ エレナ・ポーター 角川文庫
山白朝子短篇集 死者のための音楽 山白朝子 メディアファクトリー
ジャッカルの日 フレデリック・フォーサイス 角川文庫
祝婚歌 平岩弓枝 文春文庫
晴れた日は図書館へいこう 緑川聖司 小峰書店
九つの、物語 橋本紡 集英社
男の作法 池波正太郎 新潮文庫
信長協奏曲 石井あゆみ ゲッサン少年サンデーコミックス
元アイドル! 吉田豪 新潮文庫
駿河城御前試合 南條範夫 徳間文庫
ラ・プティット・ファデット しかくの 東京創元社
架空升野日記 バカリズム 辰巳出版
ラーゼフォン 時間調律師 神林長平著/BONES、出渕裕原作 徳間デュアル文庫"
学術小説 外骨という人がいた! 赤瀬川原平 ちくま文庫
忘れ形見 秋山香乃 朝日文庫
裸者と裸者 打海文三 角川文庫
卵のふわふわ 宇江佐真理 講談社文庫
リレキショ 中村航 河出文庫
All You Need Is Kill 桜坂洋 スーパーダッシュ文庫
サイレント・マイノリティ 塩野七生 新潮文庫
ハートブレイク・レストラン 松尾由美 光文社文庫
桶川ストーカー殺人事件―遺言 清水潔 新潮文庫
まってる。 デヴィッド・カリ、セルジュ・ブロック 千倉書房
手鎖心中 井上ひさし 文春文庫
ゲルマニウムの夜 花村萬月 文春文庫
珍妃の井戸 浅田次郎 講談社文庫
イニシエーション・ラブ 乾くるみ 文春文庫
ピアノ弾きよじれ旅 山下洋輔 徳間文庫
七つの海を照らす星 七河迦南 東京創元社
キジトラ猫の小梅さん ほしのなつみ ねこぱんちコミックス
永遠の0 百田尚樹 講談社文庫
水晶内制度 笙野頼子 新潮社
からくりからくさ 梨木香歩 新潮社
絲的メイソウ 絲山秋子 講談社文庫
戦友の恋 大島真寿美 角川書店
深川にゃんにゃん横丁 宇江佐真理 新潮社

『発掘部門』の推薦コメントは、『本屋大賞2011』(本の雑誌社刊)に掲載されております。

本の雑誌増刊『本屋大賞2011』

本の雑誌増刊『本屋大賞2011』

編者 ●本の雑誌編集部
刊行 ●2011年4月12日
定価 ●580円(税込み)

「2011年本屋大賞」のすべてを収録。ノミネート作品に対する書店員の熱きコメントはもちろん、1次投票結果そして本屋大賞と同時に募集した発掘本投票結果、さらに特別企画投票「中2賞」の投票結果も一挙公開。