ホーム > これまでの本屋大賞 > 2012年本屋大賞「翻訳小説部門」

2012年本屋大賞「翻訳小説部門」結果発表

今年の特別企画投票「翻訳小説部門」。2010年12月1日から2011年11月30日までに発行された新訳を含む翻訳小説の中から「これぞ!」という本を選び投票したもの。
第1位には、フェルディナント・フォン・シ-ラッハさん著、酒寄進一さん訳の『犯罪』(東京創元社)が選ばれました。

翻訳小説部門結果発表
順位 表紙 書籍名/作家
1位 『犯罪』表紙 『犯罪』
著/フェルディナント・フォン・シ-ラッハ
訳/酒寄 進一
(東京創元社)
2位 『紙の民』表紙 『紙の民』
著/サルバド-ル・プラセンシア
訳/藤井 光
(白水社)
3位 『メモリーウォール』表紙 『メモリーウォール』
著/アンソニー・ドーア
訳/岩本 正恵
(新潮社)
3位 『忘れられた花園』表紙 『忘れられた花園(上・下)』
著/ケイト・モートン
訳/青木 純子
(東京創元社)
『犯罪』を訳した酒寄進一さん フェルディナント・フォン・シ-ラッハさんからのコメントを読み上げる酒寄さん 酒寄進一さんと本屋大賞受賞作家三浦しをんさん、書店員さんとの集合写真