ホーム > これまでの本屋大賞 > 2015年本屋大賞「翻訳小説部門」

2015年本屋大賞「翻訳小説部門」結果発表

4回目となる本屋大賞「翻訳小説部門」。2013年12月1日から2014年11月30日までに発行された新訳を含む翻訳小説の中から「これぞ!」という本を選び投票したもの。
第1位には、『その女アレックス』ピエール・ルメートルさん著、 橘明美さん訳、(文藝春秋)が選ばれました。

翻訳小説部門結果発表
順位 表紙 書籍名/作家
1位 『その女アレックス』表紙 『その女アレックス』
ピエール・ルメートル(著)
橘明美(訳)
文藝春秋
2位 『ハリー・クバート事件』表紙 『ハリー・クバート事件』
ジョエル・ディケール(著)
橘明美(訳)
東京創元社
3位 『火星の人』表紙 『火星の人』
アンディ・ウィアー(著)
小野田和子(訳)
早川書房
3位 『ペナンブラ氏の24時間書店』表紙 『ペナンブラ氏の24時間書店』
ロビン・スローン(著)
島村浩子(訳)
東京創元社
3位 『窓から逃げた100歳老人』表紙 『窓から逃げた100歳老人』
ヨナス・ヨナソン(著)
柳瀬尚紀(訳)
西村書店
翻訳小説部門1位橘明美さんのご挨拶