ホーム > これまでの本屋大賞 > 2020年本屋大賞「翻訳小説部門」

2020年本屋大賞「翻訳小説部門」結果発表

9回目となる本屋大賞「翻訳小説部門」。2018年12月1日から2019年11月30日までに発行された新訳を含む翻訳小説の中から「これぞ!」という本を選び投票したもの。
第1位には、『ア-モンド』ソン・ウォンピョン著、矢島暁子訳、祥伝社が選ばれました。

翻訳小説部門結果発表
順位 表紙 書籍名/作家
1位 『ア-モンド』表紙 『ア-モンド』
ソン・ウォンピョン著
矢島暁子訳
祥伝社
2位 『掃除婦のための手引き書』表紙 『掃除婦のための手引き書』
ルシア・ベルリン著
岸本佐知子訳
講談社
3位 『三体』表紙 『三体』
劉慈欣著
大森望、光吉さくら、ワン・チャイ訳
早川書房