ホーム > これまでの本屋大賞 > 2018年本屋大賞「翻訳小説部門」

2018年本屋大賞「翻訳小説部門」結果発表

7回目となる本屋大賞「翻訳小説部門」。2016年12月1日から2017年11月30日までに発行された新訳を含む翻訳小説の中から「これぞ!」という本を選び投票したもの。
第1位には、ステファニー・ガーバー著、西本かおる訳 の『カラヴァル 深紅色の少女』(キノブックス )が選ばれました。

翻訳小説部門結果発表
順位 表紙 書籍名/作家
1位 『カラヴァル 深紅色の少女』表紙 『カラヴァル 深紅色の少女』
ステファニー・ガーバー著
西本かおる訳
キノブックス
2位 『13.67』表紙 『13.67』
陳浩基著
天野健太郎訳
文藝春秋
3位 『その犬の歩むところ』表紙 『その犬の歩むところ』
ボストン・テラン著
田口俊樹訳
文藝春秋